FC2ブログ

山の仙人になりて~なぁ(kuma仙人物語)

自然の事、山の事、百姓の事、人生の事、男のいのちとの向き合い

Top Page › 農場のはなし › 春の嶺里渓kuma仙人農園の1ページ
2021-04-16 (Fri) 18:32

春の嶺里渓kuma仙人農園の1ページ



春は時が過ぎるのが早い
ただでさえ早く感じる年頃になってきたワタクシであるが
春はとにかく時の流れが速い

いろいろやらなきゃならん仕事が増えてくる
そんな生業であるから
嫌でも、朝早くから仕事を始め
暗くなるまで殆ど休みなしに動き回る
それでも仕事が間に合わない事だって多い

4月10日
今年もほぼ例年通りに稲の種まきをした
雪解けが早く、季節が進んでいるように感じても
あまり慌てるとろくな事が無い

鳩胸催芽と呼ばれる稲の種の芽出し
P4101569x.jpg
胚芽の部分がちょこっと膨らんで、白い根っこが出始めたくらいの塩梅

そいつを機械で苗箱に蒔くポット苗
P4101573x.jpg

一つのポットのアナボコに2~3粒の種が蒔かれる
確か・・・1箱756個の苗が出来るんだっけか・・??
P4101564x.jpg

箱を乗せると、1箱づつ機械に入り
床土、種まき、かけ土と作業が進み、出てきた箱を積み上げ
次の日に、ハウスに運び並べるのだ

だいたい1000枚種まきする
P4101575x.jpg

大した作業ではないが
中々にシンドイ作業である
兎に角、箱に入る土や種を切らしてはならず
せっせと機械に土を入れ、箱を乗せ
機械に使われる身分なのである

あくる日
ハウスにトロッコ線路を設置して
軽トラで運んだ苗をハウスに敷き詰める
P4111578x.jpg

小さなハウス4個に並べるので
トロッコの移動が面倒くさいが
トロッコが無ければ1日で終わらない作業
P4111579x.jpg

ゴロゴロとハウスの奥まで一度に150枚くらい苗が運べる
まう、汗ダラダラになりながら
ひたすら苗を並べるのである~~~~
だいたい終わる頃には
P4111583x.jpg
空は茜に染まる


くたびれ果てた身体に
P4111585x.jpg
日本酒じゃないみたいな爽やかでフルーティーな香りの
頂き物のお酒がしみる
これは旨い!!


兎に角春は忙しい

田んぼの高低差を直すために
高いところの土を運んで低いところに・・・
P4121589x.jpg

昨年は田んぼがぬかって出来なかった作業
毎年少しづつ進めているけど・・・
家に帰ってご飯食べる時間もない
P4121590x.jpg

というか、田んぼが遠いので、トラクターで家まで帰るのが辛いので
コンビニ弁当のお世話になるのである
P4121592x.jpg
お天気が良い日に
お外でノンビリご飯を食べるのは気持ちが良いが

花粉が・・・・花粉が無ければぁ~~~

目がゴロゴロ 鼻水ダラダラ・・・・




春作業はまだまだ続く
この年になってくると、そんな作業が
殺人的に感じてくるのであった


つづく











俺という人間の、現実の生きざまをモデルにした
kuma仙人という架空人物の物語

↓これ押してもらえると
仲間や世界が広がるチャンスになるので
よろしくお願いします
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

関連記事
スポンサーサイト



最終更新日 : 2021-04-16

Comments







非公開コメント